2006年10月21日

ハム助との親睦が深まったエピソード

061020_2003~001.jpg

今日家に帰ったらハム助のドリンクが空っぽになっていた(*´Д`)これはピンチ!?…ではなくてチャンスさー(´∀`)★☆奴も相当喉かわいとるはずじゃし、今なら臆病者のハム助でも人の手から直接水を飲むじゃろうという考えさσ(´∀`)指先に水を付けて近づけたらなんと…ペロペロと舐めおるではないか!!カゴの入口から身を乗り出してわしの指を舐めるハム助が見えるか!?思惑通りじゃん…ふふふ(-..-☆)指をペロペロと舐めるハムスターってめっちゃかわぃぃのぉ〜(´∀`)うふふふふ…
posted by うっちー☆ at 02:06| 大阪 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

鹿の鳴き声しっとる?

CIMG1699.JPG

いったいこの鹿たちはどうして一列になって全員が俺にケツを向けているのだろうか。まったくもって失礼な奴らだ。でもに思わずシャッターを切ったのだ。

そうです。奈良です。3度目の奈良なのに、まだ大仏ちゃんを見たことがありません。ところで、鹿の鳴き声って聞いたことありますか?前回の訪問では鹿に追い掛け回されることはあれど、泣き声を聞いたことはありませんでした。今は彼らの情欲が発動するシーズンらしく、いたるところから発せられるなんとも形容しづらい雄叫びは、どうやら女の子を口説く手段のように思われます。

敢えて言葉で表すなら

ぴぇぇ〜〜ぉぇ〜〜〜〜ぉぇぉぇ

という感じ。うそちゃうで!ほんまやで!発音のコツは語頭はとことん高く、語尾のぉぇぉぇは最大限低く喉の奥から絞り出すように。奈良に一緒にいった連れとの会話の8割は鹿の鳴きまねでした(それを会話と呼べるかどうかは謎だが)。そんなことで楽しめる私は幸せですね。ふぉっふぉっふぉ
posted by うっちー☆ at 06:14| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久々に長文・・

本はあんまり読まん。それこそTarzanとかFish Magazinとかようわからん雑誌くらいじゃわ。でも活字読むんが嫌いなわけじゃなくて、ちいちゃい頃はよう読みよったで。解決ゾロリとかね。そんなわしじゃけど、半年振りくらいにたまたまなんとなく手に取った本で何故か号泣した。ちいちゃいころに「ヘレン・ケラー」読んだときより泣いたわ。あんまり感動したもんじゃけん、筆不精なわしも思わずペンを取ろうと思ったっちゅーかキーボードををカタカタ打とうと思ったちゅーかね。

そもそもなんで本読もうて思ったかゆーたら、長うなるんじゃけどね。まず、ちぃと前につきおうとる子から「別れよ」て言われてよ。それも考えられうる最悪なタイミングでさ、彼女の誕生日の直前やねんて。いろいろ目論んでおったのによ、遊ぶ約束しとったその日ももー遊ばんて言い出してよ、テンションガタ落ちだったわけよ。

やっぱそーゆーときってどーにもこーにもならぬなんともいたたまれない精神状態になるやん。そんなときはなんか違うことに熱中して気をまぎらわせたくなるんよね。それはなんでもよかったし、たまたま前日に見っけた「鬱」についてのポップな感じの本がまさに俺の今のシチュエーションにぴったりだと思ったので、即座に淡路のひなびた本屋に駆け込んだ。

月曜定休日やん・・・・

とりあえず、鬱入門を決意した俺の出足はもろくもくじかれた。いや、それはそれでラッキーだったのかも。仕方なく関前のばぁさんの本屋で同じ本を探すも不運にも「鬱ビギナー本」は見つからず、結局笑える下ネタで憂鬱を紛らわそうとなんとなくリリー・フランキーの本を買うことにした。。「東京タワー」とかいうやつね。今まで彼の本は何冊か読んでいたので、完全に爆笑のリリーワールドを予期していたのだが、まさかそーくるとは想定外だったぞ。もちろん笑えるとこもいっぱいあるんよ。

まだ読んでない人はごめんやけど、こっからはちぃと内容わかってまうかも。

久々にこんなに泣いた。咽び泣いて呼吸困難になるか思うたくらい。本ってすごい力があるねんなぁ、と22歳にしては遅すぎることを実感した。だってこんなに泣いたん、おじさんが亡くなった時と半年付き合った彼女に振られたときくらいじゃもん。実際に自分が体験したわけじゃないことでこんなに心が動かされるんか。

自分が生きる意味、家族の絆、家族が死ぬるっちゅーこと、いろいろ重ね合わせて、考えて、泣いた。特に自分のオカンやばぁちゃんのことが思い出されて、普段は全然こっちから連絡もせんくせに急に会いたくなった。

うちのオカンはわしら兄弟3人も産んだんじゃけど、仕事もずっとやってきて、最低限の産休だけで育児休暇とったことないねんて。仕事しながら3人も育てるて今でこそすごいことじゃ思うし、夜勤のある仕事じゃけんなおさらよ。倹約してわしらのために貯金もしてくれとって、時々10年前とかに預けた定期貯金が満期で口座に下りてきたりする。わしの通帳がマイナスになっとたりしたら、頼みもせんのに余分にお金を入れてくれたりする。そんなオカンの親切をいいことに、あるだけお金を浪費するわしはほんま駄目じゃわ。
2年前には病気もして、入院やら治療やらしんどかったじゃろうに。わしにはなんともないようにいいよったけど。海外におったけん、電話で話すことしか出来んかったが大変だったに違いない。それでも仕事を今でも続けて、わしらを支えてくれとるオカンはやっぱすごい。

オカンはみんな偉大や。オカンのオカン、つまりわしのばーちゃんも偉大や。ばーちゃんは女手ひとつでオカンら4人兄弟を育て上げた。そしてばーちゃんは孫であるわしら3兄弟も育ててくれた。オカンはばーちゃんが弱音を吐くとこを一遍も聞いたことがないっちゅう。母親は子供のためにすごい力を出すことができるんじゃな。ばーちゃんはわしのことも子供のように可愛がってくれて、実家に帰るたびに「ボロを着て奉公せい」とか「ウサギの干支の嫁をもらえ」とか「都会の娘たぁ田舎の娘がええ」とか「お金を貯めて土地を買え」とかありがたい話をいつもしてくれる。帰る度に同じアドバイスを何回もしてくれるものだから、忘れることがなくていい。

今、広島の実家に帰りたくて仕方がない。流石に5年も一人暮らしをすると、自由気ままなくらしも飽きてしまったし、なによりさびしい。毎日一緒に居てくれる家族が必要だ。広島には山があり海があったが、大阪には緑すらない。朝起きて家を出て帰るまでに見る緑はアスファルトの間にわずかに残してある土のあるスペースに等間隔で並べられたポプラくらいだ。

次の長期休暇には家族に会いにしばらく広島に帰ろうかと思う。4月からはそんなことも頻繁にできなくなるわけだし。とりあえず、明日オカンに電話してみようかな。

結果として、鬱入門には手を出さず(いや、鬱になろうって本じゃなくて鬱になったらどうしたらええのんって本なんだけどね)、思いがけなく良い本に出会えて一方的に家族との絆が深まり、悩んでいるうちにきまぐれな彼女の機嫌が直ったみたいでいとも簡単に仲直りして、俺の憂鬱は納まった。


posted by うっちー☆ at 05:35| 大阪 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

今日のハム助

061018_1111~001.jpgちょっと前までは手を出すと怖がって逃げていたのが、今では手を出すと乗ってくるようになった(´∀`)よしよし☆★
posted by うっちー☆ at 13:19| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月16日

う〜ん、ストレス発散せなな

stich.bmp

なんか物事が思うようにいかんでストレスなときは、掃除します。なんか家がきれいに整頓されていると、うまくいってないこともうまく片付くような気がしするので。だから今日はとても家がきれいです。

ところで、最近暇なときはペイント(PCに最初からはいっとるソフトね)でお絵かきしてます。相当な暇人じゃろ。せっかく書いたのでここで個展を開くことにしよう。ふぉふぉふぉ。

あー鬱。すてぃっちってかわいいよね。
posted by うっちー☆ at 05:15| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

ハムスタ買ってん☆

061006_2252~003.jpg

こいつ、オランダ人の男の子やねんて☆
名前は安直じゃけどハム助にしてん。こいつが来てから毎日癒やされとるわぁ(´∀`)最近ストレスたまりよったけん、癒やしペットが必要たったんじゃわー☆きゃわぃぃ(´◇`)
posted by うっちー☆ at 17:56| 大阪 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。